Check New Release!
2018-01-31
ナノブロック アイスクリーム NBC_247
>>more

読者投稿のススメ

  0
どうも、とりおやこです。

コレを読んでいるということは、皆さん月ナノ読者ですので、
毎月のコーナー「読者投稿企画」はご存知のことと思います。

毎月、決められたテーマに沿った作品を投稿するというものですが、
このコーナー、ここしばらく投稿が少ない状態です。

個人的には大変好きなコーナーで、
「できるだけ多くの作品を見たい!」と思っているので、
今回は、このコーナーの素晴らしさを全力で伝えたいと思います。
【アピールポイント1:アワードのエントリー作品になる】
ナノビルダーにとって最も大きなイベントの一つと言えるのが、
ほぼ毎年行われているナノブロックアワードですが、
その作品をアワード期間で作り切るのは大変なこと。

日々の作品の積み重ねが大事ですが、完全なオリジナル作品って、
何を作るか考えるまでが一つのハードルになりがち。

その、なかなか思いつかない「テーマ」を与えてくれるのがこのコーナーであり、
作った作品の一つ一つが、そのままアワードのエントリー作品にもなります。

毎月投稿すれば、それだけで年間12作品。
沢山エントリーすれば、それだけ受賞確率も上がるというもの!(←ホントか?)
【アピールポイント2:新たな作品のヒントになる】
「読者投稿の作品で、受賞レベルのものはさすがに・・・」という方、
それもまた事実かと思います。
確かに、ピンクレディーのUFOでは、受賞は無理でしょう!

良い作品のアイディアが突然の舞い降りることもありますが、
受賞レベルとなると、ある程度練り込みが必要。

そうです!
良い作品というのは一朝一夕で出来上がるものではないのです!

読者投稿で使った作品をそのままエントリーしても、受賞は難しいかも知れませんが、
もう少し練りこめば、さらに良い作品に昇華することもあります。

個人的な体験で言うと、過去のテーマ「旅」のときに、
苦し紛れで作った「銘菓ひよこ」が、
その後のアワードのエントリー作品「諸国銘菓」になったりしています。

NO LIMIT作品も、読者投稿のちょっとした作品が足がかかりとなって、
できあがったりすることがあるのです。
【アピールポイント3:実力が上がる(たぶん)】
さっき書いたとおり、良い作品というのは一朝一夕ではできません。

これは、作品の練り込みという面だけでなく、
作り手の実力の面も非常に大きいと思います。

良い作品を作るビルダーさんというのは、総じて、絶えず作品を作り続けているし、
絶えず作品を作り続けるからこそ、実力があるとも言えます。

とは言え、作り続けることは、簡単なようでいて案外むずかしいもの。

毎月与えられたテーマに対して、苦し紛れでもいいから作っていけば、
一皮むけた「一つ上のビルダー」になれるに違いありません(たぶん)
【アピールポイント4:過去作品でもいい】
読者投稿と言えば、与えられたテーマの新作を出したくなるものですが、
別に、旧作でも全く問題ないことをご存知でしょうか。

まあ、多くの方は、知ってても「今さら」という感じで、
敢えて出していないのだと思いますが、そんな躊躇は不要です。

なぜなら、皆さんはあなたの旧作なんぞ憶えてないからです!

なーんて言うと、身も蓋もないですが、
やっぱり他の人の作品って、憶えているようで忘れているというか、
「ああ、あったわー」って感じなんですよ。

自分にとっては、見慣れてありふれた作品でも、
他の人にとっては久しぶりに見る懐かしい作品です。

どうか、あなたの懐かしい作品を見せてください。
【アピールポイント5:見て楽しい】
まあ、ここまで作り手としての利点を書きましたが、
何と言っても、色々な作品を見られる楽しさが一番じゃないかと思います。

アワードでもそうじゃないですか。

エントリーする側としては、作品を見てもらいたいとか、
受賞したいとか、色々な思いはありますが、
何よりアワードというお祭りの中で、
沢山の作品を見られるということが、一番の面白さだと思います。

同じように読者投稿企画というのも、
色んな人が作品を持ち寄って賑わうのが楽しいんです。

最初に書いたとおりなんですが、
自分がこうして投稿を薦めているのも、「オレが見たい!」という理由です。
最初の頃は、5~10作品くらい投稿があって、
すごく賑わっていて「楽しそうだなあ」と思って、自分も投稿を始めました。

あの頃みたいに、また賑わうともっと楽しいだろうなあ、と思います。


というわけで、皆さんもレッツ投稿!!

なお、来月のテーマは「年末年始」です。よろしくお願いします。
気に入っていただけましたか?
  0
月刊ナノブロック内コンテンツの一切の無断転載禁止